インプラントで噛める喜び

虫歯などで、歯を根っこからなくした場合に使用する次世代型義歯とインプラントは言われています。
歯と歯の間の1本が根からなからなくなった場合、両脇の歯と3本でブリッジするという方法があります。
なくなった部分の上に歯を固定する方法が従来型でした。
しかし、両脇のない奥歯や、何本もなくなってしまった場合には、入れ歯を入れるしかなかったわけです。
またブリッジでも両脇の歯が虫歯になりやすくなってしまいます。
ブリッジや入れ歯はとても食べにくくしっかり噛むことができず、だんだん柔らかいものしか食べないようになってしまったり、楽しいはずの食事が苦痛になったりすることもあると言われています。

ただ、インプラントなら1本ずつ歯ぐきの中に義歯を埋め込んでいくものなので、まったく自分の歯と同じような使い心地になるため、次世代型義歯とも言われているのです。
今まで食べることをあきらめていた硬いものも、まったく問題なく食べられるという喜びを感じることができます。
今まではインプラントは確かに素晴しいけど、価格が高くて一般庶民には手が出ないというイメージがありました。
ただ、入れ歯も数十万することを考えれば、インプラントの1本30万前後という価格は特に高いものではないのではないでしょうか。
もちろん保険が利かないことからこの価格になってしまっているわけですが、それだけのメリットは十分あるはずです。
それがみんな理解されるようになって、今どんどんインプラントが広がっているのです。



■管理人特選サイト
寝てる間にインプラント治療を行ってくれる大阪のインプラントセンターです > 大阪 インプラント

Copyright © 2014 インプラントでかみしめる喜びをゲット! All Rights Reserved.